松田和広の気付きブログ/ BLOG

2018/11/02

サカトガハラ・ウエルネス エムトップクラブ アイコンいまひとつ踏み込めないあなたへ

こどもは好きか嫌いかで判断する

いい選手になって有名になれれば、とか、

ひとつのことに没頭していればわき道にそれてしまって余計な心配しなくていいとか・・・。

これは大人の判断基準です。

ですがこどもの標準は違います。

目の前に体操の上手な子がいる。
あこがれる。
なんとかその子のようになりたい。
上手くなりたい。

そんなごく自然な思いが子供の素直さのあらわれです。

役にたつとかたたないとかそんな判断はないはずです。

どんな未来が約束されてるのか誰にもわからないけど、でも子どもは好きだから続ける・・・・・。

今この時、体操を練習しているこの時、この時が大切なんです。

演技する時、うまくいくのかいかないのか、まったくわからない。

でもその一瞬のために日頃から準備しておく。

私達はこの面白さに取り付かれているんです。

体操はこどもにはチャレンジそのもの、

困難を切り開く人生の教材そのもの

一歩入り込む勇気さえあれば未来は変わります。

器械運動専門コースで練習を始めた子供の動画