松田和広の気付きブログ/ BLOG

2018/10/28

エムトップクラブ アイコンコントロールされた運動とは?

コントロールされた運動をめざそう! 

まず、いくつかサンプルを見ていきましょう。

そしてできる限り高いレベルの体操をめざしていきましょう。

マット運動の前転-後転をコントロールする

俗称を「でんぐりがえり」。運動会や学校体育のシーンで見かける運動です。よく知られた運動です。

なんの他愛もないこの運動を、大人の方たちを含めて、運動の得意な小学生さんたちは、必ず甘く見ている!

質、クオリティが違う!ことにお気づきになりますか?

これが、器械運動力ランクの高い子供が、演技すると、こんな感じになります。

もし、このレベルの”前転”(Forwardroll)や”後転”(backwardroll)ができるのならば、

あなたのお子さんは、さらに高いレベルに行かなくてはいけません。

そこで満足していたら、何事もチャレンジできないありふれたマインドのお子さんになってしまうでしょう。

もし開脚姿勢(ストラドル)で同じ運動をすれば、こんな感じになります。

動画再生時は音量にご注意ください!


前転_後転 バリエーション1 -開脚姿勢

開脚姿勢を甘く考えてはいけません。

たいていのお子さんが満足にできない姿勢なのです。

代表的な欠点は、膝が曲がるです。

よく見られる欠点は内股です。満足に立てない場合がほとんどです。

この点を完璧にコントロールできるようになると、器械運動力が上がっていきます。

Aランクはもうすぐなのです。

次に、最もポピュラーで馴染みの鉄棒運動の代表といえば、逆上がりですね。

逆上がりをコントロールすると・・・

どうですか?

もう少しみていきましょう。

子供なら、だれでもやってみたい運動の代表です。

側転をコントロールする(ランクA)

もし柔軟性をふくめて、開脚姿勢がしっかりしたものであれば

ポピュラーなこの運動は、お子さんにとって楽しい運動になるでしょう。

それほど、体操的かつアクロバット運動としての入り口になる重要な運動ではないでしょうか?

高いレベルでの完成をめざしてしっかり練習を積んでほしい運動要素の一つです。

いきなりですが、さらに、ランクの上の子供の運動を見ていきましょう。

 トリプルA(AAA)の子供のタンブリング 

伸身宙返りひねりを加えると難度があがります。

まず、180°(半ひねり)をマスターし、次に360°(1回ひねり)に進みます。

次に2回ひねりと行きたいのですが、あえて1回半にします。

後方伸身宙返り一回半ひねり。

ほぼ完璧です。

あなたもこれを目指して下さいね

次も素晴らしいです。

Happy Gymnastics!

(編集中)